2歳

虫除け成分ディートとイカリジンを調べて主婦が思った感想

スポンサーリンク

 

だんだんと暑くなり、汗っかきの子供がさらに汗だくになる季節が近付いてきました。そんななか、早くも現れたのが

思った以上に早い出現ですが、ある日突然夜中にブンブン。(1匹なのか複数なのか不明)おかげで寝不足ななか朝起きてみると、息子が6〜7ヶ所刺されてました。(体温も高いし汗っかきだし、柔らかいしで狙われたよう)

どうせ刺すなら隣りの旦那を刺してくれよ!

ちなみに息子は去年も刺されて腫れた→赤ちゃんの虫さされが水ぶくれに!

虫除けスプレー

今まで特に成分とかは気にせず、『赤ちゃんでも安心!』『効き目長持ち!』などの表示のみを見て買ったのですが、そういえば虫除けの成分って何?と調べてみました。

ここから先は、信憑性のある虫除け記事ではなく、主婦が虫除け記事を読み漁った感想文です。

ディートとイカリジン

調べてみてよく見かけたのがディートとイカリジン。

どちらも虫除け成分(殺虫剤ではなく忌避剤)です。ディートは安価でよく効くから多様されてるみたい。色々違いはあるみたいだけど、2つの大きな違いは使用制限や回数があるかどうか。虫除けに使用制限があるなんて知らなかった。

ディートの使用制限

・生後6ヶ月未満は使用不可

・2歳未満は1日1回

・12歳未満は1日1回〜3回

イカリジンの利点

イカリジンには使用制限がありません。あと、合成繊維やプラスチックにもイカリジンは影響がないそう。

↑結局我が家はイカリジン配合のこれを買いました。まだあまり使ってないけど匂いはいい感じ。

濃度によって効果は違うの?

ディートもイカリジンも販売されてるものによって濃度が違います。濃いほどよく効きそうですが、どうやら濃度によって違うのは持続時間だそう。濃ければ塗り直しが少なくてすむね〜ということです。

安全性は大丈夫なの?

素人がネットを散々読み漁った結果

よく分からない!

一応素人調べ(しかもネット)ですが、ディートは国内で重篤な副作用はないそう。イカリジンも同じく。(ただそもそもイカリジンは国内で販売されだしたのがここ数年。最近だね)

絶対安全なものってなるとやはり難しいようで。でも過度な使用法をしない限りは問題無さそうだと私は思いました。

どちらかといえばイカリジンの方が安全性が高い雰囲気。しかし、効き目は同等か、ディートの方が高い雰囲気。とりあえず

何も使わずに蚊に刺されるのは避けたい。

のでどっちを使っても良さそう。

天然の虫除けの方が良いの?

よく巷で言われてるオーガニックやハーブなどの虫除けですね。私も今年手作りしてバンバン使ってました。

ディートやイカリジンに比べると使うときの罪悪感がないんでいいんですが、ハーブなんかは匂いで蚊を嫌がらせるんで、匂いがなくなると効果なし。(あと旦那にすごいクサイって言われた。旦那、虫寄り?)

結構マメに塗らなきゃいけないし、やっぱりディートやイカリジンに比べると効果は薄そうだなぁってのが正直な感想です。でも塗らないよりはいいと思うし、乳児には良いかなぁ。でも天然ものでさえ、乳児などへの使用前には確認が必要。そしてガンガン草むらに行く息子(2歳)にはちょっと頼りない。

まとめ

本当に刺されまくりそうな場所(山とか草むらとか)に行くときは

服などで肌の露出を控える。

肌に塗るのに抵抗があれば服などに虫除けをふる。

スプレー式の場合吸い込んでしまわないように注意して塗る。(顔や腕は手に一度だして塗る)

結局物理的に守りつつ、虫除けも使うのが我が家では一番良さそう。

あと塗り忘れやムラがあればそこを刺されてしまうんで、どうせ塗るならしっかりと!

外出時はともかく、寝るときに虫除けを塗るのは嫌なんで我が家ではベープ(コンセントのやつ)も購入しました。今のところ効いてるのか蚊がいないのか刺されてません。去年重宝していたワンプッシュの虫除けスプレーはツープッシュしないと効かなくなったのと、なんか舌が痺れる気がして今は休止してます。(人間にもやっぱりなんらかの刺激はあるよな〜と少し敏感になりました)

そこで次は蚊帳を買おうか検討中です。良い蚊帳、見つかるかなぁ。

ABOUT ME
ツナ
ツナ
元歯科衛生士。出産を機に退職し、専業主婦になりました。熱しやすく冷めやすいミーハーものです。B型の旦那に結婚前はどハマりしてましたが、今は母親のように叱る日々です。