3歳

3歳になったから子供用包丁を買ってみた!切れ味抜群!

3歳 包丁
スポンサーリンク

 

自分が!自分が!の時期を迎えております。

息子3歳の母です。

この頃って、気分次第で何でもやりたがったり、逆に何度言ってもやってくれなかったりしませんか?

2歳も3歳も扱いずらいわ、、、。

どこで癇癪を起こすか分からんので、毎日様子を伺いながら息子の準備やらしてます。

さて、そんな自分が!な息子ですが、元々料理(ままごと)が好きでした。なので、面倒だけど何かを混ぜるときとか、人参の型抜きとか卵割りなんかはさせてました。

はい、とても面倒だけど。

本人のやる気を尊重して、数年後私が楽になるために。

そんな息子が最近興味を持ちだし、やりたがるようになったのが包丁。

「これはママのだから!危ないから!」と拒否してましたが、調べてみたら3歳からの包丁を発見。

息子3歳で包丁デビュー!

ちょうど誕生日前だったし、3歳になった記念に買ってみることに!これまた結構種類があるんですよ。

ね、3歳って包丁使えるのかって思いましたが、よく考えりゃ1歳半からおもちゃ包丁使ってました。

おもちゃ包丁は1歳半デビュー

マジックテープでくっついた野菜とかを切るアレです。

我が家には木製のものも、プラスチック製のものもどちらもありました。

最初の頃は包丁の持ち方も逆だったりで下手。包丁を入れる角度も悪いので、マジックテープが切れない。

でもそのうち器用に切るようになってました。

ちゃんとまな板の上でやってましたし、なんちゃって料理は完璧です。

特に何も考えてませんでしたが、実際の包丁を買う前段階としては良かったのかもしれません。

我が家が買ったのはこちら

 

たくさんある子供包丁の種類の中から何故これを選んだのか。

可愛さ!

切れ味!

レビュー!

ただそれだけです。私は優柔不断なので、悩むと3歳の包丁選びに数日かけかねません。そんなもったいない時間のかけ方出来ません。

とりあえず子供が持って可愛い!

そして切れ味が良いものを探しました。

切れ味が良いと指切るかな〜って心配もありますが、切れ味が悪いと余計な力が入って逆に危ないし、

なかなか切れないと息子が癇癪起こしそうだし。

包丁を使うときは横で絶対私が見張っているので、まぁ切れ味の良いものの方が安全だと判断しました。

また、ちゃんと刃先の部分が丸くなっていたり、子供が握りやすい太さだったりと、3歳用の設計にはなっていました。

最後のレビューは補足でしょうか。

「良いって言ってる人が多い方が安心」ってミーハー心です。でもレビューで切れ味とかサイズ感とか結構書かれているので、見といて損はありません。

実際の店舗ではあまり種類がなかったので、ネットで購入しました。実物は見れませんが、ネットの方が種類が豊富です。

実際に息子3歳が包丁を使ってみた

届いたものを見た私の感想としては、

意外と大きいけど可愛い!

息子はまぁ喜ぶだろうと確信しておりました。

3歳が自分用包丁を見たリアクション

3歳と料理するということは、普段の何倍も時間がかかるし、気を張るので疲れます。

よって、包丁デビューは旦那もいる休日の夕方にしました。

ちょうど夕方、やたらとわがままを言って息子が癇癪を起こし出した時、

仕方ない、今だ!

「息子くんー!ママ手伝ってくれるー?ママと一緒に包丁やるー?」

泣き喚いてたわりに不思議な顔して寄ってきました。

ここで包丁登場!

「息子くんの包丁?息子くんの包丁?」

わぁ☆感激!ではなく、

マジで?俺の?

って感じの軽めのリアクションでしたが、喜んでもらえたようで何よりです。

いそいそと横に来て準備し始めました。

包丁は大人用に負けず切れ味抜群

  • 絶対にママの言うことをきくこと
  • 包丁は当たると切れて怪我するから気をつけること

とにかく絶対言うことをきくように約束をしてから、いざ入刀です。

とりあえず大根があったので、息子の初包丁入刀は大根。

あらかじめ皮をむいて、2センチくらいの厚さに切っておきました。それを息子に千切りしてもらうことに。

(本当は人参とかをそのまま切る方が切りやすかったと思う。3歳の包丁デビューが千切りって、、、)

何度言っても猫の手が出来なかったので、左手も右手も私に手を添えられた状態で切りました。

うわ、切れ味、良い。

私の普段使っている包丁より切れます。いいな、これ。

その後も1人で切らせるには怖すぎる手つきだったので一緒に切りましたが、本人は真剣で満足げ。

まだ切りたいというのを宥めて終了しました。

包丁で自分で切ることの意外なメリット

本人が興味を持っていて、楽しそうだからと購入してみた包丁ですが、意外なところにメリットがありました。

「息子くんが切った大根美味しい!!」

とべた褒めすると、息子は誇らしげで、なんと自分で味噌汁の中から大根を探し出して食べだしました。

その後も自分で食べては私たちに感想を聞いてきてました。

「息子くんの切った大根美味しい?どう?」

「また明日、息子くんが大根切ってあげるからね!」

誇らしげに胸を張る息子、可愛い。

試しに違う日にジャガイモを切らせたら、普段はあまり食べたがらないのに、同じようにしっかりジャガイモを食べてました。

食育!!(なんか違う)

自分で切ったものは美味しく感じるようです。思わぬ収穫でした。

普段は晩御飯の時間は忙しく、なかなか切らせてあげられませんが、隙をみてまた切ってもらおうと思います。

そして数年後、立派な料理男子になっていることでしょう。

ABOUT ME
アバター
ツナ
元歯科衛生士。出産を機に退職し、専業主婦になりました。熱しやすく冷めやすいミーハーものです。B型の旦那に結婚前はどハマりしてましたが、今は母親のように叱る日々です。