新生児期

赤ちゃんの鼻くそが取れない!取りたい!鼻くそごとの取り方のオススメ。

鼻くそ綿棒
スポンサーリンク

赤ちゃんのちっちゃい鼻に潜む鼻くそ

大人と違って自分で鼻もかめないし、ほじることも出来ない赤ちゃん。当たり前ですが毎日取っても取っても新しいのが出来ています。赤ちゃんは嫌がるし、泣き叫ぶ我が子を押さえつけて取るこっちも嫌ですよね。

未だに息子は全力で嫌がりますが、昔よりだいぶ取るコツを掴んだと思います。それでも昔より暴れるので取れないときは取れませんが。

そんな私と息子の鼻くそ取り奮闘記です。

赤ちゃんの鼻くそを取ってみよう

いつ取るの?今取りたいけど

ベストは風呂上がりだと思います。ふと赤ちゃんの鼻の穴に鼻くそを見つけたら、つい取りたくなりますがカピカピのものはだいたい何やっても取れません。(柔らかいものは綿棒で取れます)

ピンセットで掴めば取れますが、それでもひっついていてなかなか取れないし、カピカピの鼻くその場合、無理に引っ張るとに鼻血が出ることがあります

綿棒で風呂上がりに触ってても鼻血は出るときは出るんですが、風呂上がりの方が断然取りやすいので、可能であれば風呂上がりにしましょう。

もし、呼吸が苦しそうで母乳やミルクを飲めなかったり、寝付きが悪いなど風呂上がりまで待てないときは

  • 蒸しタオルで温める
  • 蒸しタオルの蒸気をあてる
  • 母乳を鼻の穴に垂らす
  • 赤ちゃんにくしゃみをさせる(こよりでコショコショ)

という方法もあります。私はあまり効果を感じなかったので、結局出来る限り風呂上がりに取ってました。

ただ、寝てるときは鼻くその確認をするチャンスです。鼻くそが入り口手前辺りにある場合、ピンセットでそっと掴んでもいいと思います。引っ張ってみて取れなければ赤ちゃんも痛いので風呂上がりの方が良いかもしれません。

赤ちゃんの鼻くそを取る秘密道具

①ピンセット


危なくないように、先が尖ってない赤ちゃん用のピンセットが売ってます。プラスチックのものと金属のものがありますが、先が丸くても太すぎると全然入らなくて取れないので注意して買った方が良いです。私の持っているプラスチックのものは安全なのですが太いので、鼻の穴出口にある鼻くそしか取れませんでした。

②赤ちゃん綿棒

大人用綿棒だと太くて入りませんでした。今は毎日のお手入れとして、風呂上がりに赤ちゃん用綿棒で鼻の穴の中をクルクルしてます。だいたいこれで取れます。

③鼻水トッテ

鼻水吸引器です。鼻の穴に片方ずつ当てて吸います。カピカピの鼻くそは取れませんが、鼻水や粘っこい鼻くそは取れます。吸うだけで取れなくても、出口付近まで鼻くそを吸い寄せることが出来ます。

赤ちゃんの鼻くそを取るコツは?

まず、私もついやりがちなんですが無理に奥のものまで取らないようにしましょう。逆に鼻くそを奥に押し込んでしまったり、粘膜を傷付けてしまいます。

私も何度も息子に鼻血を出させてしまいました。綿棒に軽くつく程度ですし、優しくやってても出るときは出ますが、慌てます。

次に、鼻くその種類によって道具と取り方を変えましょう。

①鼻水

鼻水トッテで吸うのが便利です。鼻の穴に押し当てて(塞ぐ程度で押し込まなくても取れます)、

ズッズッズッズッズッズッと小刻みに吸います。

一気に強く吸うのはやめましょう。この道具の場合、

コツは慣れとノズルの角度です。

鼻水トッテ

ノズルの当てる角度を変えながらやってみると、どこかで吸える角度があるのでそれを見つけると一気に上手に取れるようになります。

②粘っこい鼻くそ

(鼻水トッテと綿棒を併用するか、普段のお手入れなら綿棒のみでも大丈夫です。私は毎日綿棒のみでお手入れしてます。

併用する場合、鼻水トッテで鼻の穴入り口付近まで吸い寄せて綿棒で取ります。

コツは綿棒を湿らさないこと、綿棒を回転させながら当てることです。

カピカピ鼻くそを取るなら綿棒に母乳を含ませる方法もありますが、粘っこい鼻くその場合、綿棒に鼻くそがくっついてくれないので、綿棒が湿ってたらまず取れません。

私は湿るたびに綿棒にティッシュを押し当てて乾燥させるようにしてます。その方が取れやすいです。

鼻くそ綿棒

綿棒は短めに持ち、鼻の穴の壁(黄色の線のところ)に押し当ててクルクル鼻くそを巻きとるように動かしていくと、綿棒に鼻くそがまとわりつくのでよく取れます。

③カピカピ鼻くそ

出来れば風呂上がりなど、鼻くそが柔らかくなってから取る方が良いです。寝てるときとかにどうしても取るなら、ピンセットを使うと取れます。綿棒だとカピカピ鼻くそは粘膜を傷付けるかもしれないので、あまりオススメしません。

まとめ

毎日のお手入れなのでいつか息子も慣れるかなーと思ってましたが、1歳の今、未だに泣かれます。泣かなくても暴れて拒否するので毎日戦いです。

気になるとつい鼻くそを深追いしがちですが、呼吸をしてるうちにいつのまにやら取れてることもあるので無理はしないようにしましょう。

また、赤ちゃんが泣くと鼻くそも柔らかくなり、鼻息で出てくることもあるので、結局泣いてくれるのが1番良く取れるかもしれません。

ABOUT ME
ツナ
ツナ
元歯科衛生士。出産を機に退職し、専業主婦になりました。熱しやすく冷めやすいミーハーものです。B型の旦那に結婚前はどハマりしてましたが、今は母親のように叱る日々です。